一人ひとりの薬剤師に合った福岡の転職先が見つかる 「フクテンナビ」 » 薬剤師を辞めたい理由別に見る転職のヒント » ストレスが多い職場から
転職するヒント

ストレスが多い職場から
転職するヒント

こちらのページでは、薬剤師がストレスの多い職場から転職するためのポイントをまとめて紹介します。ストレスの多い職場の特徴と対処方法についてです。 福岡で薬剤師として転職することを目指す方、転職を検討中の方もぜひご参照ください。

目次

人間関係が悪くストレスが多い

薬剤師は閉鎖的な空間で仕事をすることになるので、人間関係にストレスを感じる方も多いです。また人事異動が少ない業種でもあるため、なかなか状況が改善しない傾向があります。職場の人と積極的にコミュニケーションをとり、苦手な人ともそつなく会話するコツを見つけるなどして対処しましょう。我慢しても問題は解決せず、だんだん体調面などに悪影響が出てきます。 適切な対処法で自分の健康状態を労わり、ストレスによる悪影響を抑えましょう。

在籍人数が少ない店舗を選ぶのがポイント

人間関係のストレスがひどい場合、多少仕事量が増えても在籍人数が少ない店舗を選ぶということもできます。ただし客観的にストレスの原因が「特殊な職場環境」によるものか、どこに行っても避けられないものかを明確にしましょう。「場所が変われば何とかなる」という考えでは、どこに勤務しても同じ状況に悩まされるおそれがあります。

休みがとりづらくストレスが多い

近年、薬局の在り方が多様化しているため、年中無休のドラッグストアやかかりつけ薬剤師が増加し、人材不足から薬剤師が業務過剰に陥っている場合が多いです。人数に余裕があれば休みも取りやすいですが、ギリギリの店舗では休みが取りづらいでしょう。また配置人数にも左右されますが他の薬剤師に掛け合うなど事前の根回しも必要です。大手チェーン店では、他店から応援を頼むこともできますが本部への事前申請などが要り、休みを取るまでにストレスを感じることもあるでしょう。

有給休暇について明記している企業を
選ぶのがポイント

なかなか休みが取りづらい場合も多いのですが、有給休暇や取得率について明記している企業を選ぶと休みが取りやすいでしょう。転職の前にきちんと情報収集しておくと入社前後でイメージギャップが少ないです。できれば実際に勤務している方の口コミなども参考にすると、よりストレスの少ない働き方ができるでしょう。

「調剤薬局」は働き方が安定している

薬剤師が就職できる業態の中でも、調剤薬局は勤務時間や定休日がある程度決まっていて働きやすいと言えます。ただし半日休みの場合も多く、一般的な「年間休日」のカウント方法と異なる場合もありますので、よく確認しましょう。下記ページで理想の働き方に合わせて福岡の調剤薬局を比較、紹介していますので、ぜひお役立てください。

理想に合わせて選ぶ
安定している福岡の調剤薬局3選

【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
残業時間が少ない
薬剤師の職場とは
残業時間が少ない薬剤師の職場とは