一人ひとりの薬剤師に合った福岡の転職先が見つかる 「フクテンナビ」 » 薬剤師を辞めたい理由別に見る転職のヒント » 激務の職場から転職するヒント

激務の職場から転職するヒント

激務な職場の特徴と転職のヒントをまとめて紹介しています。福岡で薬剤師として転職を目指している方や今の職場に満足していない方、激務な職場で働いている方はぜひお役立てください

目次

残業が多く激務

薬剤師が激務かどうかは職場次第と言えます。調剤薬局やドラッグストア、病院、企業の研究機関、大手チェーンから町薬局まで様々な業態がありますが、「薬剤師が激務」と言われる要素として、「インフルエンザや花粉の時期などの繁忙期があり、残業が長時間になる」ことや「人手不足」、「人間関係が複雑」、「薬について勉強をし続ける必要がある」ことが挙げられます。例えばドラッグストアの多くが人手不足により残業が多い傾向があります。

月の残業が少ない職場を選ぶのがポイント

残業が少ない職場を選ぶことが、転職を成功させるポイントとなるでしょう。例えば調剤薬局では近隣のクリニックの診療時間が決まっているので比較的勤務時間が安定します。ぜひ事前にチェックしてみてください。

【特集】月間残業時間が
4時間以下の調剤薬局を紹介

チームワークが取れていない

チームワーク体制が整っていない職場の場合、1人の負担が増えて残業が増える傾向があります。また良い人間関係が築けていないとチームワークが取れず、仕事の効率化や円滑化というものが難しくなるケースが多いでしょう。さらに人の入れ替わりが激しい職場はチームワークが機能せず、仕事が安定しない傾向にあります。

転職の際は職場内の情報や残業についての情報をできる限り入手しましょう。

店舗の在籍人数や環境を確認するのが
ポイント

転職前に店舗に在籍する薬剤師の人数や職場環境を確認することは非常に重要です。例えば薬剤師が1人しかいない職場ではほぼ毎日残業となる可能性が高いです。入社前後のイメージギャップはできるだけ少ないほうがいいので、口コミサイトなどからの情報集めはもちろん、面接時に聞いてみるのもよいでしょう。

勤務時間が固定化しているのは
「調剤薬局」

薬剤師が就職できる業態の中でも、調剤薬局は比較的業務時間が固定されており、残業が少ない傾向です。理想の働き方に合わせて、福岡の調剤薬局をまとめ、比較しているページもありますので是非ご参照ください。

理想に合わせて選ぶ
安定している福岡の調剤薬局3選

【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
残業時間が少ない
薬剤師の職場とは
残業時間が少ない薬剤師の職場とは