一人ひとりの薬剤師に合った福岡の転職先が見つかる 「フクテンナビ」 » 薬剤師を辞めたい理由別に見る転職のヒント » 休めない職場から転職するヒント

休めない職場から転職するヒント

休めない、休みづらい薬剤師の職場の特徴と転職のヒントを紹介していますので、薬剤師として転職を検討している方や現状休みが少ない方にぜひご一読いただければ幸いです。

目次

仕事量が多く休めない

ドラッグストアなどでは管理者要件を満たす登録販売者か薬剤師がいなければ、一般用医薬品を販売することができません。そのため薬剤師や登録販売者の人数が少ない店舗では資格のある人が長時間勤務になることが多い傾向にあります。医薬品を購入する顧客対応が長引くと、他の業務が滞ってしまい残業が発生してしまいます。また一人薬剤師となると仕事量が多く、なかなか休みをとることも難しい場合が多いでしょう。

月の残業時間を確認しておくのがポイント

現状休みが取りづらい薬剤師さんにとって、「休みやすい職場」を探すことが転職の重要なポイントになります。仕事量が多い場合や、薬剤師がひとりであっても適度に休むことができるように、転職前には月の残業時間を確認しておくことが重要です。下記のページでは月間残業時間が4時間以下の調剤薬局を紹介していますので、ぜひご参照ください。

【特集】月間残業時間が
4時間以下の調剤薬局を紹介

休暇が取得しづらく休めない

薬剤師が休みを取りづらい原因として、薬剤師の人手が不足していることが挙げられます。とくに一人薬剤師の場合はなかなか休みが取りづらいと感じてしまうことが多いでしょう。しかし適度な休みは健康な状態で勤務するためにも非常に重要です。また会社の方針や職場の雰囲気、近隣の病院やクリニック次第で休みが取りにくい環境にある会社もあります。社内調整や根回しをしておくほか、日頃からのコミュニケーションやできるだけしかし早い申請を行うことで調整できる場合もあります。

有休制度や取得率を確認しておくのが
ポイント

きちんと休みが取れる転職先を探すためには、有休制度や有給取得率を確認しておくことが重要です。また有休制度が実際使われているのか、社内の口コミなども参考にできればより現実的でしょう。また下記のページでは、有休制度が整備されている福岡の職場について紹介していますので、ぜひご参照ください。

理想の働き方に合わせて選ぶ
「調剤薬局」「ドラッグストア」

「安定している福岡の調剤薬局3選」「安定している福岡のドラッグストア3選」と題して、薬剤師の主な就職先である「調剤薬局」「ドラッグストア」について、理想の働き方から選べるように各社を比較し、まとめて紹介していますので、福岡で薬剤師として転職を検討している方はぜひお役立てください。

【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
残業時間が少ない
薬剤師の職場とは
残業時間が少ない薬剤師の職場とは