一人ひとりの薬剤師に合った福岡の転職先が見つかる 「フクテンナビ」 » 【中途採用編】薬剤師の希望ごとに職場を探そう » 1人薬剤師は大変?メリット・デメリットを紹介

1人薬剤師は大変?メリット・デメリットを紹介

1人薬剤師の仕事内容、メリット・デメリットなどをご紹介します。
多様な業務を一人でこなさなければならない1人薬剤師。高い責任感も求められることから、決して楽な働き方ではありません。
一方で、1人薬剤師だからこそのメリットもあります。特に、将来薬局の開業をお考えの方には、大変貴重な経験になることでしょう。

目次

1人薬剤師とはどんな仕事をするの?

1人薬剤師は、薬局などで行う薬剤師業務を一人で行う薬剤師のことです。
薬剤師には調剤や監査、服薬指導、会計、薬歴記入など、様々な業務があります。一般的な職場では、これらの業務を複数の薬剤師が協力して行う形となりますが、1人でこれらの業務をこなさなければなりません。
高い責任感が求められる大変な業務ですが、その分、1人薬剤師であることのメリットもあります。

なお、薬剤師1人あたりの処方箋の枚数は、1日40枚が上限と定められているため、この条件を満たす店舗に勤務することとなります。

1人薬剤師のメリット

薬剤師としての総合的なスキルを上げられる

1人薬剤師は、薬剤師としての総合的なスキルを上げる機会に恵まれています。多様な業務を自分一人でこなす必要があるからです。
店舗には様々な患者様が来店しますが、それぞれ全く同じ処方箋を持参してくるわけではありません。1人薬剤師は各処方箋に対応する過程の中で、幅広い薬剤の知識が身に付きます。調剤スピードも上がり、患者様とのコミュニケーションの質も向上していくことでしょう。

一般的な薬剤師に比べて高収入になる傾向がある

複数の薬剤師が勤務する一般的な店舗に比べ、1人薬剤師は年収が高めになる傾向があります。全ての薬剤師業務を行わなければならない負担があり、かつ高い責任感が求められる立場となるため、その分だけ給与が高く設定されることは自然です。
ちなみに、一般的な薬剤師の平均年収は約500~600万円とされていますが、1人薬剤師の場合、プラス50~100万円ほどになる傾向があると言われています。

煩わしい人間関係の悩みがほとんどない

店舗内には自分一人しか薬剤師がいない以上、他の薬剤師との煩わしい人間関係の悩みは、ほとんどありません。薬剤師の転職理由として、常に上位となる職場の人間関係。人間関係で悩んだ末に、1人薬剤師の店舗へ転職する人もいるようです。
なお、店舗内には薬剤師以外のスタッフが勤務している場合もありますが、担当する職務が異なることもあり、複雑な人間関係へ発展することは少ないでしょう。

1人薬剤師のデメリット

調剤過誤のリスクが懸念される

複数の薬剤師がいれば調剤内容のダブルチェックもできますが、1人薬剤師は自分一人で調剤の内容を確認する形となるため、調剤過誤のリスクが懸念されます。疲労や睡眠不足などから調剤過誤を発生させないよう、日頃の生活管理や体調管理をしっかりと行わなければなりません。
昨今は、調剤過誤の防止に役立つ機器などが導入される現場も多く見られるようになりました。1人薬剤師の店舗では、それら機器の導入を進めることも大切でしょう。

業務にプレッシャーを感じることもある

患者様が同時に多く来店しているとき、様々な業務を同時に抱えているとき、休憩を取る余裕もなく次から次への業務が舞い込んでくるときなど、1人薬剤師は目先の仕事に対して強いプレッシャーを感じることがあります。
個人の性格によっても異なりますが、毎日のようにこれらのプレッシャーを感じていると、ストレスが蓄積して精神的にも肉体的にも限界を感じることがあるかもしれません。

仕事は大変だが様々な経験もできる有益な働き方

1人薬剤師のメリット・デメリットを中心に解説しました。
あらゆる薬剤師業務を一人でこなす以上、毎日の業務が大変であることは言うまでもありません。一方で、薬剤師としての総合的なスキルアップに向けた豊富な経験を積めることは、1人薬剤師ならではの大きなメリットでしょう。将来的に自分の薬局を開業したい方にとっても、大変有益な経験ができる働き方ではないでしょうか。

【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
残業時間が少ない
薬剤師の職場とは
残業時間が少ない薬剤師の職場とは