一人ひとりの薬剤師に合った福岡の転職先が見つかる 「フクテンナビ」 » 薬剤師の転職に関わる基礎知識 » 薬剤師に向いていない?よく聞く退職理由や辞めたいときの対処法を紹介

薬剤師に向いていない?よく聞く退職理由や辞めたいときの対処法を紹介

「薬剤師という仕事が向いていないので辞めたい」と考えている、または考えたことがある現役薬剤師は、非常に多いようです。

ここでは、薬剤師を辞めたいと思う主な理由と、薬剤師を辞めたいと思ったときの対処法についてご紹介しています。

目次

薬剤師を辞めたいと思う理由

残業が多い

慢性的に人材が不足している職場では、一人当たりの業務負担が大きくならざるを得ません。結果、残業が多くなって自分の時間がなくなり、仕事へのモチベーション低下から薬剤師を辞めたくなることがあります。

仕事の重圧に耐えられない

自分の調剤が人の健康に影響を与える、という重圧に耐えられなくなり、続けられないと思う方もいます。

人間関係がうまくいかない

上司や先輩、同僚との人間関係がうまくいかず、ストレスがたまったりトラブルに発展したりなどし、前向きな気持ちで仕事に取り組めなくなってしまうことがあります。

給与が低い

専門性の高さと業務量の多さに対し、給与が低いと感じて辞めたくなる方も多いようです。同じ仕事量でも、薬剤師は職場により年収が大きく異なる現実があります。

接客対応が苦手

調剤などの仕事は好きなものの、接客対応が苦手で仕事を負担に感じる人もいます。薬局勤務の薬剤師である以上、接客は避けられないため、日々ストレスが蓄積して仕事を辞めたくなることもあるでしょう。

仕事上のミス

調剤ミスを犯したことに大きな責任を感じ、罪悪感などの思いから、以後は楽しく仕事をできなくなることがあります。暗い気持ちで日々の仕事に取り組む中、徐々に薬剤師を辞めたい気持ちになることもあるようです。

薬剤師の仕事自体が向いていない

薬剤師という仕事にあこがれて薬学部を受験したものの、実際に薬剤師の仕事をしてみると、自分の性格や特性に合っていなかったと感じ、仕事を辞めたくなることもあります。

十分な研修や教育を受けられない

薬剤師は専門性の高い仕事だからこそ、自分のキャリアを上げるためには研修や教育の機会が不可欠。ところが中には、業務多忙により十分な研修・教育の機会がない職場、「仕事は先輩を見て覚えるもの」という古い考え方の職場などもあり、キャリアアップの見通しが立たなくなり辞めたい気持ちになることがあるようです。

薬剤師を辞めたいときの対処法

ひとりで抱え込まず相談する

問題をひとりで抱え込まず、信頼できる先輩や同僚に相談してみましょう。人間関係がうまくいっていない職場でも、信頼できる人が1人や2人はいるはずです。職場に信頼できる人がいなければ、同じ薬剤師になった大学時代の友人に相談してみても良いでしょう。

客観的な視点からアドバイスしてもらうことで、薬剤師という仕事への見方や取り組み方が根本的に変わる可能性があります。

問題を解決できないか考える

自分のアクションのみで、意外に問題が簡単に解決できることもあります。

たとえば、人間関係がうまくいかないならば異動願いを提出したり、残業が多く自分の時間を持てないなら有給休暇を取得したり、休日出勤が多いなら雇用形態を変更してもらったり、接客が苦手なら研究職へ転じたり、などなど。現在の問題点を具体的に列挙し、一つ一つ、解決法がないかどうかを検討してみましょう。

休暇をとり心身を休ませる

有給休暇等の福利厚生制度を利用し、やや長めの休暇を取ってみても良いでしょう。

休暇中、仕事とは全く異なる環境(旅行先など)に身を置けば、現在の自分の状況を客観視できるようになるかもしれません。あるいは、遠方の実家などでゆっくりと過ごし、薬剤師を目指した高校時代の初心を振り返ってみても良いでしょう。

辞めた後のことを考える

仮に薬剤師を辞めたことを想定し、その後の人生をどのように設計し直せるかを考えてみましょう。

世の中には様々な仕事がありますが、果たして薬剤師より自分に合っている仕事が見つかるでしょうか?薬剤師より合わない仕事に就き、かつ薬剤師時代より年収が下がってしまっては生計を立てるのも難しくなってしまいます。

辞めた後のことを考えると、結局、自分には薬剤師がベターだという結論に落ち着き、改めて薬剤師という仕事への向き合い方が変わるかもしれません。

まとめ

薬剤師を辞めたいと思う理由と、辞めたいと思ったときの対処法についてご紹介しました。

ところで、もし当記事をお読みのあなたの職場が「残業が少ない、給料が良い、人間関係が良好、研修・教育が十分で調剤ミスの可能性も少ない」職場だったならば、薬剤師を辞めたいと思っていたでしょうか?

現在の「薬剤師を辞めたい」という気持ちは、実際には薬剤師ではなく今の職場を辞めたい、ということに由来しているのかもしれません。そうであれば、職場を変えることで今の問題が解決する可能性があります。

当サイトでは、薬剤師の様々な職場をご紹介しています。自分に合った職場を探してみたい方は、ぜひ以下のページを参考にしてください。

自分が向いている薬剤師の職場を見る

【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
残業時間が少ない
薬剤師の職場とは
残業時間が少ない薬剤師の職場とは