一人ひとりの薬剤師に合った福岡の転職先が見つかる 「フクテンナビ」 » 薬剤師の転職に関わる基礎知識

薬剤師の転職に関わる基礎知識

薬剤師は国家資格が必要な職種であり、国家資格を取得している人材は限られています。その分、競争率も低いので、他の職種よりも転職しやすいと言われています。また、薬剤師は人手不足が続いているので、その点でも転職しやすくなっています。ここでは、薬剤師が転職する際に知っておくと役に立つ基礎知識について紹介しています。薬剤師で転職をしようか悩んでいる方は、参考にしてみてください。

目次

薬剤師2年目で転職できる?

就職2年目での転職は、企業としても新卒のように最初から教育する必要がないなどのメリットがあることから「第2新卒枠」として採用される可能性があります。中でも人手不足の地域では年収が高くなりやすい傾向にあります。

一方、第2新卒枠としての採用は雇用側からすると「社会人としての基本を身につけている」ことが前提となりますので、新卒向けの研修を受けられなかったり、「またすぐ辞めてしまうのではないか」と懸念されたりするおそれがあります。

薬剤師2年目で転職できる?

薬剤師に向いていない?よく聞く退職理由や辞めたいときの対処法を紹介

人間関係や業務負担、給与、研修・教育制度などを理由に薬剤師の仕事へのモチベーションが下がり、やがて自分は薬剤師に向いていないと感じて「辞めたい…」と思う方がいます。信頼できる先輩等に相談したり、休暇を取得して心身を休ませたりすれば、改めて仕事へのモチベーションが高まることもありますが、それでも意欲が湧いてこない場合には転職も一つの有効な選択肢となります。

薬剤師に向いていない?よく聞く退職理由や辞めたいときの対処法を紹介

【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
【特集】残業時間が少ない薬剤師の職場とは
残業時間が少ない
薬剤師の職場とは
残業時間が少ない薬剤師の職場とは