向いている転職先がわからない…
そんな福岡の薬剤師のための
転職指南サイト

「仕事は辞めたいけど自分に向いている転職先がわからない」
「薬剤師として活躍できる職場ってどこだろう?」
そんな迷っている福岡の薬剤師さんに向けて、それぞれの転職先の将来性や職場に向いている人物像を解説

福岡で転職するなら知っておきたい「薬剤師のお仕事事情」もまとめているので、ぜひ転職活動の参考にしてください。

目次

薬剤師の転職先として人気なのは
「調剤薬局」

医師・歯科医師・薬剤師統計の概況(令和2(2020)年

※【PDF】情報参照元:厚生労働省「医師・歯科医師・薬剤師統計の概況(令和2(2020)年)」(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/20/dl/R02_1gaikyo.pdf

厚生労働省が発表した「医師・歯科医師・薬剤師統計の概況(令和2(2020)年)※」によると、「調剤薬局」に就職する薬剤師が最も多く全体の58.7%にも上っています。調剤業務に専念できる点や、勤務時間が変動しづらい点が支持されているのかもしれません。

そのほか医療現場や製薬会社を選ぶ方もいるようですが、調剤薬局とはまた異なる労働環境となります。転職を成功させるためには各転職先の特徴を理解し、自分に合った職場を選ぶのが賢明でしょう。

※【PDF】参照元:厚生労働省公式HP(https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/ishi/20/dl/R02_1gaikyo.pdf

薬剤師の主な転職先と
求人選定のポイント

調剤薬局や病院、製薬会社、ドラッグストアなど、薬剤師の各転職先の特徴をご紹介します。各転職先に向いている人の特徴やその理由、将来性など、これから長く働いていくために知っておきたい情報をまとめました。

調剤薬局

調剤薬局の様子

調剤薬局に向いている人

  • 患者さんの病気だけでなく、生活や人に興味が持てる人
  • 地域医療に関わりたい人
調剤薬局に向いている理由

調剤薬局では、患者さんの薬に対する不安を取り除いて安心して薬を飲んでもらうことで治療のサポートができます。

患者さんとより近い距離感での関わりを大切にしたい方はやりがいを感じられるでしょう。

また、調剤薬局は働く時間がある程度決まっているためオン・オフのメリハリを持って働きたい人にはおすすめです。

調剤薬局に勤務する薬剤師の将来性

高齢化社会や慢性疾患の増加に伴い、調剤薬局の役割は多様化し、ニーズは益々高まっています

これからも調剤薬局が「町の薬屋さん」として地域医療を支える存在であることに変わりありませんが、今後は患者宅への訪問サービスや薬の配達など、在宅医療に対応した動きも求められるでしょう。

調剤薬局の求人選びのポイント

薬剤師の転職先の中でも、勤務時間や休日がある程度決まっていることからワークライフバランスを保って働きやすい調剤薬局。運営会社が大きいほど、制度が整っていたり、教育に携わる人数が多かったりするため、プライベートを大切にしつつも薬剤師として成長していきたいなら、経営が安定している企業を選ぶと良いでしょう。福岡にある経営が安定している調剤薬局を3社ご紹介します。

経営が安定している
福岡の調剤薬局の求人3選を見る

病院

病院の様子

病院に向いている人

  • 医療現場で学びたい人
  • コミュニケーションが得意な人
病院に向いている理由

先端医療や技術に触れることができる病院は、医療全般を学びたい方に適している職場です。医師や看護師と仕事を行うため、勉強は欠かせません。

また、医師や看護師と連携していくには、コミュニケーションを積極的にとることが大切です。

病院に勤務する薬剤師の将来性

薬剤師の病棟業務を促す「病棟薬剤業務実施加算」が2012年に新設され、薬剤師の需要が高まり、病院に勤める薬剤師の数が増えています

また、高齢化社会の影響を受け、今後も病棟での薬剤師業務は増えていくと予想できるでしょう。

病院の求人選びのポイント

高齢化社会の影響で患者数が増え、業務が多岐にわたっているものの、平均給与は低めな傾向にあります。病院勤務の平均給与が521.7万円なのに対し、調剤薬局の薬剤師は平均583.8万円と差がある状態です※。病院に勤める場合、仕事内容はもちろん給与面もきちんとチェックし、転職先を検討しましょう。

※参照元:マイナビ薬剤師(https://pharma.mynavi.jp/income/#anchor3

製薬会社

製薬会社の様子

製薬会社に向いている人

  • 新薬開発に携わりたい人
  • 知識をアップデートしたい人
製薬会社に向いている理由

患者さんと関わる調剤業務と異なり、自分自身の仕事にひたすら没頭できるのは製薬会社ならではと言えます。

学会に参加したり、新薬開発に携わったりできるため、知識をアップデートしたい方に向いているでしょう。

製薬会社に勤務する薬剤師の将来性

ジェネリック医薬品の開発や薬価改定により、製薬会社による薬剤師の採用そのものが鈍化しています。とはいえ、製造・販売などの工程の管理者や、医薬情報担当者として、薬剤師が求められていることは事実。これからも、有資格者として企業内で重宝されるでしょう。

製薬会社の求人選びのポイント

各社で実施している研究の対象分野や会社の方針をきちんと把握して、自分のやりたいことと合っているかどうか確認しましょう。また、知識をアップデートしていきたいという方は、各社の教育体制や学びにつながる制度が整っているかをチェックしましょう。

ドラッグストア

ドラッグストアの様子

ドラッグストアに向いている人

  • OTCについて学びたい人
  • お金を稼ぎたい人
ドラッグストアに向いている理由

ドラッグストアでは、医薬品だけでなく、OTC医薬品(一般用医薬品)も取り扱います。

顧客の症状や悩みを聞いて適切な商品を提案する力が必要なのはもちろん、日用品を購入しにきたお客様に対する接客、レジ打ちや棚卸などの業務も必須です。

また、ドラッグストアは基本給の水準が高いため、すぐにでもお金を稼ぎたい人に向いているでしょう。

ドラッグストアで勤務する薬剤師の将来性

最近では、コンビニエンスストアや調剤併設のドラッグストアも登場し、「ドラッグストア」の種類に広がりが見えてきています。「薬剤師が就職できる職場が増えている」ということでもあるため、今後も薬剤師は就職しやすいはず。ただ、OTC薬販売の規制緩和により薬剤師以外でも販売できるものが増えたため、薬剤師は自らの専門性をしっかりとアピールしていくことが求められるでしょう。

ドラッグストアの求人選びのポイント

ドラッグストアは、他の業態より比較的残業が多く、小規模企業ともなると労働環境が整っていない可能性があるため十分注意しましょう。働く環境を重視するなら、経営が安定している企業を選ぶことが大切です。福岡にある経営が安定しているドラッグストアを3社ご紹介します。

経営が安定している福岡の
ドラッグストアの求人3選を見る

どんな職場に勤めたい?
薬剤師の希望ごとに探す
福岡の職場

土日休み、有休を取得しやすい、ワークライフバランスを保ちやすい、2年目の転職も歓迎、30代からでも活躍できるなど、薬剤師のよくある希望ごとに求人を出している福岡の職場をまとめて紹介します。

セイコーメディカルブレーン公式HP

引用元:セイコーメディカルブレーン公式HP(https://www.welcome-smb.info/)

【特集】月間残業時間が
4時間以下の調剤薬局を紹介

薬剤師のなかには、「残業がきつく、ワークライフバランスを保てない」と悩み、転職を考える方もいるのではないでしょうか。当メディアでは、月間の残業時間が4時間以下である調剤薬局「セイコーメディカルブレーン」に注目。本当に残業が少ないのか、活躍していけるのかなど、同社の働きやすさについて、社員の方の声も交えてご紹介します。

薬剤師必見!
残業が少ない
調剤薬局の実態とは?

土日休みありの薬剤師の職場

土日休みありの薬剤師の職場

完全に土日休みの調剤薬局やドラッグストアがなかったため、日曜完全休み・土曜半休の福岡の調剤薬局とドラッグストアを選定し紹介しています。週末に休みがある職場をお探しの方はぜひ参考にしてください。

土日休みがある
薬剤師の職場見る

有給を取得しやすい薬剤師の職場

有給を取得しやすい薬剤師の職場

福岡にある「有給休暇を取得しやすい調剤薬局」を調査しました。公式HPに有休日数や取得率を記載していることを基準として、福岡の会社を選定しています。

有給を取りやすい
薬剤師の職場を見る

ワークライフバランスを
保ちやすい薬剤師の職場

ワークライフバランスを保ちやすい薬剤師の職場

福岡にある「ワークライフバランスを保ちやすい調剤薬局」を調べました。具体的には、月の残業時間について公式HPに明記している福岡の会社をピックアップしています。

ワークライフバランスを保てる
薬剤師の職場を見る

2年目の転職も
大歓迎な薬剤師の職場

2年目の転職も大歓迎な薬剤師の職場

薬剤師2年目でも安心して転職できる、研修制度がある企業をリサーチ。公式HPに研修制度についての記載があり、福岡にある調剤薬局とドラッグストアを紹介しています。

2年目の薬剤師に
オススメな職場を見る

30代からでも
活躍できる薬剤師の職場

30代からでも活躍できる薬剤師の職場

30代からでも活躍できるようキャリアアップ制度が整っている福岡の企業を調査。各社のキャリアアップの特徴について詳しくまとめています。

30代からでも活躍できる
薬剤師の職場を見る

福岡から転勤しない
薬剤師の職場

福岡から転勤しない薬剤師の職場

福岡から転勤せずに薬剤師として働き続けたいと考えている方もいるでしょう。県外への転勤がない、もしくは転勤希望なしを選択できる調剤薬局をピックアップしました。

福岡から転勤しない
薬剤師の職場を見る

1人薬剤師は大変?
メリット・デメリットを紹介

30代からでも活躍できる薬剤師の職場

福岡で転職をお考えの薬剤師の方に向け、1人薬剤師の仕事内容やメリット・デメリットをまとめています。あらゆる業務を1人でこなす1人薬剤師。仕事も日々のプレッシャーも大変ですが、一般的な店舗では得られない幅広いスキルを身に付けられる働き方でもあります。

1人薬剤師の
メリット・デメリットを見る

福岡で転職するなら
知っておきたい!
薬剤師のお仕事事情

福岡県内で転職するにあたり、薬剤師の有効求人倍率やお給料事情はもうチェックしていますか?

有効求人倍率を知っておけば、今現在の転職のしやすさの指標になりますし、平均年収がわかっていれば転職先を選ぶ時の基準になります。この機会に情報はしっかりと押さえておきましょう。

福岡県の有効求人倍率は
「2.28倍」
(2023年3月時点)

福岡労働局によると、2023年3月の時点の福岡県医師・薬剤師の有効求人倍率は2.28倍※でした。

3月時点での福岡の有効求人倍率は比較的高く、転職先を見つけやすい状況にあります。妥協はせず自分に合った職場を検討してみましょう。

福岡県の薬剤師の平均年収は
460~599万円
※調剤薬局勤務の場合

2023年6月時点、福岡県の平均年収が456万円~593万円であるのに対し、調剤薬局勤務は平均460~599万円、ドラッグストアは平均480~624万円、病院は平均428~543万円であることがわかりました。転職先を選ぶ際に、ぜひ参考にしてください。

参照元:日経DIキャリア(https://dic.nikkeihr.co.jp/trend/fukuoka/

エリア別 福岡の薬剤師の仕事情報

福岡市の仕事情報

福岡県の中でも特に発展している福岡市。薬剤師の人気も高く、薬学部のある大学も複数存在しています。そのため、新卒採用も中途採用も十分にあるエリアです。求人が人気な分、年収は他のエリアと比べて低い傾向があります。また、病院を限定せずに処方箋に対応している面薬局が多く、ドラッグストアに併設されていることも多いので営業時間が20時までとなっていることも多くあります。

福岡市の薬剤師の仕事情報を見る

飯塚市の仕事情報

福岡県の「筑豊地域」にある飯塚市は、薬剤師の確保に悩んでいる郊外エリアの1つです。そのため、福岡市と比較すると年収が100万円以上高い求人も出やすい傾向があります。しかし、飯塚市では薬剤師が一人で働く薬局も多いため、負担が大きくなることもあります。転職先を決める場合は事前に業務内容のシミュレーションするようにしましょう。

朝倉市の仕事情報

朝倉市は、福岡県の築後地域にある田園都市です。西側は福岡市への合アクセスも良いため、薬剤師は採用しやすく、薬剤師も薬局も数が少なくなっている傾向があります。個人経営のクリニックや門前薬局が多いため、年収は福岡市内よりも30~50万円高い傾向があります。

北九州市の仕事情報

北九州市は福岡市の次に薬剤師の人気が高いエリアで、在宅医療に力を入れている薬局も多くあり、診療報酬改定により在宅医療は評価されるため業績も安定している傾向があります。また福岡市に比べて人材の採用がしにくく、北九州の薬剤師の平均年収は50万円ほど高くなっています。

ここまでご紹介した福岡県の事情を踏まえて、薬剤師が転職を希望する理由別に福岡で転職するヒントを確認していきましょう。

様々な「辞めたい理由」があるなかで、今回は「激務の職場から転職するヒント」「ストレスが多い職場から転職するヒント」「年収が低い職場から転職するヒント」「休めない職場から転職するヒント」をまとめました。

残業時間が少ない
薬剤師の職場とは
残業時間が少ない薬剤師の職場とは